インポテンツ(ED)改善ランキング/インポテンツに良い薬ありますか

インポテンツ(ED)

■インポテンツImpotenceとは
性交渉をするための十分な
勃起ぼっきが得られない場合や、勃起を維持できないために性交ができない状態を指します。
最近ではED(Erectile Dysfunction)と呼ばれています。
腟内射精障害は、勃起が得られ性交ができるにもかかわらず、腟内では射精できないもので、
インポテンツの亜型と考えられています。日本では約500万人の患者さんがいると推測されています。

■原因
生まれつき、まったく勃起したことがない一次性のインポテンツと、
一時的には可能であったがその後インポテンツになった二次性のインポテンツに分類されます。
一次性は、下垂体機能低下症などにより二次性徴が発現していない人にみられます。
これに対し二次性のものは、20~40歳では新婚インポテンツなどの精神、
心因性しんいんせいのものが多いことが知られています。
40歳以上では加齢、慢性疾患(糖尿病、心臓病、動脈硬化、うつ病)、骨盤・膀胱や前立腺、直腸の外傷、手術などにより、
勃起に関係する神経や血管が損なわれることが原因です。

■定期的な運動をして勃起不全を改善
血流をアップするには運動に効果があります。
運動をすることで、血行が良くなることは知っていると思います。
定期的に運動することで、血流が通常でも回復している状態になります。

血流が回復するということは、勃起しやすい状態になる、といったことでもあります。
血流不足で勃起不全になっている場合には、運動だけでも精力が回復する可能性は十分あります。
勃起は海綿体に血液が流れこむことによって起こります。血行が悪い状態であれば、勃起したくてもその材料になるべき血液が足りないので
血流を促進しておくことは、勃起不全の改善に大きな効果が期待できます。
特に有酸素運動と無酸素運動を定期的に行うのがお勧めです。


酸素運動が特に効果的です。
軽い運動を長時間続けるので、血行が改善している状態が長く続きます。
脂肪が燃焼しやすい状態にもなるので、肥満による血圧の上昇も防げます。
肥満になると、身体の容積が大きくなってしまいます。血管も長くなってしまい、血管を収縮しなければ全身血液が行き渡りにくくなってしまうのです。
有酸素運動をすることで、体型を一定に維持することも勃起不全対策として役立ちます。

無酸素運動にも、男性ホルモンを底上げしてくれる、といったメリットが有ります。
さらに筋肉量が増えることで、セックスに対する持続力も高められるのです。

■禁煙
タバコにはEDを促進してしまう作用があります。
喫煙をするとインポテンツになってしまうことは、調査からも明らかです。
中国にて、4,000人以上の人々を集めてEDとタバコの関係性をリサーチした調査結果が出ています。

•1日20本以上のたばこを吸っている人はインポ率が60%アップ
•喫煙者の15%がインポ
•喫煙者の30%が勃起力が弱いと実感している

これだけの結果が出ているのですから、タバコは勃起不全との大きな関わりがあると考えて間違いありません。
タバコに含まれるニコチンに問題ありタバコといえば中毒物質でもあるニコチンが含まれています。
麻薬指定されている薬物よりも中毒性が強いとされる恐ろしい物質です。
ニコチンには血管を収縮させてしまう作用が実際にあります。タバコを吸う人は高血圧になりやすいのです。
血管が収縮してしまうと、血行が悪くなり勃起力がなくなってしまいEDにつながってしまうわけです。