結婚相談所ランキング比較

当サイトへアクセス頂いた方は恐らくこれから結婚相談所を探しに来たか
何社か結婚相談所へ登録したが上手くいかなかったなどの独身コップレックスをおもちではではないでしょうか?
このページでは婚活で最高の縁を見つける為の婚活サイトや結婚相談所をわかりやすくランキング形式で紹介しています。やはり口コミで良い声を聞くところは良い出会いも見つかるものです。ぜひお役立て下さい。

 

■結婚相談所とは

その名の通り結婚を考える人同士がお相手を探す所です。
独身の方が会員として入会すると、結婚または結婚を前提として交際まで、お相手探しや出会いの調整、交際や結婚までカウンセリングなどの活動のフォローといったサービスが提供されます。
仲人や担当カウンセラーがお相手探し、お見合いや交際もサポートするというシステムや自分やお互いの希望条件でマッチングした人がいた場合、メッセージを送り、相手から返事が来た後、電話や実際会うといった流れのデータマッチング型サービス。
結婚相手紹介サービス利用者の約50%がこのデータマッチング型サービスを利用しているといわれています。

 

■年齢と共に出会いは減る

20代のころまでは自然な出逢いを求めていた男女も、
40代に近づいて毎日仕事などが忙しくなるなど、
待っているだけでは出逢えないと感じるようになるでしょう。
結婚相談所は結婚をお考えの皆さまのお見合い、婚活をプロデュースしてくれます。
また出会い系とは違い、結婚相談所や婚活サイトの場合、
みんなが「結婚」という真面目な目的のゴールがある為結ばれやすい言えるでしょう。

■結婚相談所でも恋愛から

お見合いは「強制的な結婚」というイメージを抱いていたため、結婚相談所に抵抗がある方も多いでしょう。
無理矢理でも惰性でもなく、現代の「お見合い」はもっと自由です。
お見合いでピンとくるひとに出会えたなら、そのあと自由に「恋愛」して結婚をすればいいのです。
結婚相談所に登録する際には、このことを一番に認識しておくべきだと思います。

 

■提出書類の多い会社は安心

住民票や戸籍謄本、学歴や資格を証明する書類などの提出も義務付けられているところは安心できます。
逆に、それらの書類を提出しなくても登録できる結婚相談所もありますがそれが駄目なわけではないです。

 

■会員数が多い会社

会員数が多い結婚相談所であれば理想に近い相手が見つかる確立は高いです。

 

■担当アドバイザーいる会社

アドバイザーは電話やメールでのやりとりがメインになるかもしれませんが、
アドバイザーさんと直接会って話ができる結婚相談所やはり成婚率も高いようです。

 

■成婚料を取る会社は熱心

成婚料を取る結婚相談所のほうがスタッフが熱心なようです。
人の後押しがあって、前に進めるというのもあります。

 

■お見合いに疲れたら休憩すること

毎週末お見合いの予定を入れて、何人もの方とお会いすると、疲れてきます。
タイミングがあわずあまり好みのタイプではない方が続くと、気持ちも萎えてくるようです。途中でお見合いはお休みして長期的に探すことも大事です。

 

■まとめ

結婚相談所や婚活サイトも様々な形があり、イベント形式だったりパーティー形式であったり様々です。
また、結婚相談所のゴールは当然「結婚」ですが、結婚までの道のりには付き合うという過程は当然あります。
性格、収入、容姿など双方が納得できることがゴールの決め手となります。
出会い系サイトなども幅広い年齢層での独身ユーザーがいるので、出会いのきっかけを作ってお付き合いから結婚へもっていくことも十分可能です。
下記出会いのランキングを参考に良い出会いを見つけて下さい。

 

結婚相談所ランキング

ランク 詳細サイト 
1位  「ゼクシィ縁結びカウンター」
(婚活相談カウンター)
入会金3万円/月会費9800円~
→成婚料はなし
ゼクシィならではの豊富な情報量と安心の
サポートではじめての婚活を応援♪
 
2位 結婚相談所の注目ベンチャーとして
数多く取り上げられている クラブ・マリッジ
再婚者や単身で子育てをされている方用の特別プランも有。
ベンチャーだからこそ出来る、会員様の為の本気の結婚相談所
 
3位 結婚相談所Bridalチューリップ
Facebookページの結婚相談所カテゴリでは1位のいいね数獲得
・出会いのきっかけを掴む部分以外は自由恋愛と変わらない
学歴や年収や家族構成、結婚歴などがわかる
会員数のプロフィールを見ることができる
・カウンセラー1名につき対応顧客数30名程度
他の大手の従業員数を見ると100名以上近くの換算サポート力が高い
 
4位 看護師様特有のライフスタイルの事情を専門カウンセラーが理解
結婚相談所では土日が繁忙するのが常ですが、平日お休みの看護師様なら
平日限定のサービス提供を行うこと前提で3割引きで提供。
異性との交流機会が少ない職種であることも考慮した、男性カウンセラーとのオンラインチャットで相談出来るグループトークサービスを付加